【タイリシヨガ】センのポイント押しの流れとトーンアップエクセサイズについて。


タイリシヨガでは、ヨガエクセサイズの前に「ポイント押し」と「トーンアップエクセサイズ」を準備運動として行います。

1.足裏のポイン押し(6ポイントと5ライン)

足の中指のたもとから下がっていき、今度は土踏まず側を上がっていくという6つのポイントを一つずつ押していきます。
終わったら、もう一つの足裏を行います。

次はかかとから親指のたもとに向かって6つのポイントを一つずつ押していき、7番目は指先を抜きます。
これを人差し指、中指、薬指、小指と進んでいきます。

 

2.足の甲(4ライン)のポイント押し

足の甲の頂上の窪みから親指と人差し指の間に向かうラインの6つのポイントを1ずつ推していき、最後は指の股を弾きます。

 

3.ひざ下(3ライン)のポイント押し


くるぶしからスネを上がっていき6つのポイントを押していきます。
今度はアキレス腱よりにずらして2番目のラインの6ポイントを押します。
最後はアキレス腱近くのラインの6ポイントを押します。

 

4.膝(3ライン)のポイント押し

膝のお皿の方からに付け根に向かって6ポイントを一つずつ押していきます。
こちらも3つのラインがあります。(外側から内側の順です。)

 

5.手のヒラのポイント押し(6ポイントと5ライン)


手のヒラのたもとから人差し指と中指の間の指股に向けて上がりながら6つのポイントを押していきます。
これをまず左右の手で行います。

次は手のたもとから親指の関節までの2ポイントと関節のポイントを押して、最後は指を抜きます。
これを人差し指のライン、中指のライン、薬指のライン、小指のラインを同様にやっていきます。

 

6.手の甲のポイント押し(4ライン)


手の甲の頂上から親指と薬指の指股にかけて3ポイントを一つずつ押していき、最後は指股を抜きます。
今度は隣の指股のラインを上がります。このようにして計4ラインのポイント押しをします。

 

7.腕のポイント押し(1ライン)

手首から肘の内側、二の腕の内側を通り、肩までのラインの9ポイントを押していきます。

 

8.お腹のポイント押し(ぐるっと一回り)

おへそを中心にして、恥骨から楕円を描くようなラインを一回りします。
全部で9ポイントあります。

 

おへそ脇の上下ラインの2ポイント同時押し(計9回)

まず、おへそ両脇の上の2ポイントを同時で押します(1)。
次におへそと同じ高さで押し(2)、、おへその下を2回(3/4)、また、おへそと同じ高さに戻り(5)、おへその上を2回(6/7)、おへそと同じ高さに戻り(8)、おへその下で終わります(9)。

 

上半身のポイント押し(4ポイント)


まず、おでこの生え際の出っ張ったところを押します。
次は喉の下、そして、肋骨の両脇の出っ張ったところの2点同時押し、をします。

頭のポイント押し(9ポイント)

 

まず頭頂を押し、その次に頭頂両脇を2点同時押し、耳の付け根の後ろを2点同時押し、頭と首の付け根のポイント(ボンの窪)、その両脇2点同時押しという流れで9個のポイント押しをします。

 

これで、「ポイント押し」は以上となります。

準備の仕上げはトーンアップエクセサイズ

 

イメージとしてハートにエネルギーを戻していきます。

1.足の先から両手でさすりながら胸までもっていきます。

2.指先から反対の手でさすりながら胸までもっていきます。

3.恥骨のあたりから両手でさすりながら胸までもっていきます。

4.尾てい骨から両手でさすりながら背中を上がり、そして胸まで持っていきます。

5.おでこから登頂を通り、後ろの首を通って、胸まで持っていきます。

 

 

次に横になり、膝を曲げて手で結び、コロンコロンと横に5往復します。

イメージとしては、ハートに集まったエネルギーは、転がるに連れて四肢に再循環するような感じです。

 

これでヨガエクセサイズまでの準備は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です